FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C81おつかれさまでした。

2012年01月01日 23:21

 そしてあけましておめでとうございます。
 本年は旧年中にもましてアイドリング状態を継続の予定です。

以下反転。

 表紙で盛大にネタばれしていますがネタばれしていると気づいたときにはお互い完全に引き返せないところまで来ていました。ブレーキ踏んでも助からない、と思ったら迷わずアクセル踏むのはいつものこと。
 本来的には、当初予定していた『アッシュ消滅後の世界で、なんとも形容しづらい虚無感に囚われて堕落していくシェンと、理由のない苛立ちに心の置きどころのないデュオ』の話の副産物として生まれたものでした。
 実際は、主軸となる2003主人公チームの話があった上で、変化球としての作品になるべきだったのに、とんだビーンボールです。表紙とイラストをお願いしたよろづさんに、イラストではなく、前後に2Pづつの漫画をはさむことで、見栄えは素晴らしい物になりましたが、これはもう、変化球こえて魔球の域。床に穴開く方のやつ。

 ただ、2003チームのメンバーのメンタリティがいかにして構築されたか、みたいなことを軽くうつらうつらしながら考えていて、それぞれの(架空の)生い立ちがあんまりにも浮世離れしてるのでこれじゃ童話かおとぎ話だな、と自嘲した直後に『セーラにおやすみまえのおはなしをねだるクーラ』の天啓を得てからわずか1ミリ秒でプロットを完了していました。

 漫画になっている部分のベースとなる文章を、クリスマスのミスドでコーヒーがっぱがっぱおかわりしながら書いたこともあって、設定的にはクリスマスの夜の出来事、ということになっています。無意識で。どっっこにもそんな表記ないしイラスト担当にも伝えてませんが。


 強さ故の孤独を知る3人の出会いと、その別れについては、機会があればもう少しゆっくり考えてみたいです。3人が3人とも、全く常識的な思考をしないので、読み物としてはスタートラインから破綻しているものができそうですが、それは考えてる本人が破綻しているから仕方が無いのかな、という気がします。


 いつにもまして反転部分が言い訳がましいのは、それだけやり残したことが多いからですかね。とりもど、し、たい、せる…かな…、?



 今回、色々あってイベント参加中はスペースから全然出られなかったんですが、パッと見、2003トリオで出てる人いなかったような…。ちょっと残念。
 KOF13家庭用のストーリーモードで、デュオロンが紅丸のことを『二階堂』って呼んでたのに思わずケツ浮いてしまったんですが、そのへんっていつからそうだったのか、とか聞いてみたかっったんですけどねw






スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。